中国とのWeb会議!つなげる方法は簡単ではない!

中国とのWeb会議!つなげる方法は簡単ではない!

中国は情報統制をしている

Web会議をつなげるためにはインターネット回線の利用が必須です。しかし、中国ではインターネット回線の使用については、制限がかかることもあります。情報を規制する一つの方法として、インターネットを制限する方法を用いているのです。インターネット回線を使用するために必要な設備を提供している会社は、政府の意向を無視できない会社が運営しています。Web会議を実現するためにはこれらの課題をクリアにして、中国側の受け入れの体制を整える必要があります。また、情報統制をしているために、検閲がかかる可能性もあるためWeb会議が簡単につながることは少ないのです。つながったとしても通信速度不足で、音声や画質の悪い映像になることもあり得ます。中国側が統制しているものに抵触しないようなシステムを組むか、中国側と折衝して統制を緩和してもらうかなどの方法でWeb会議システムを構築することが重要になります。システムが出来上がっても、実際につかってみたら中国が統制してしまうということも中国では起こりえます。試作段階から統制に引っかからないかを検証する必要があるでしょう。

中国とのWeb会議!つなげる方法は以外に簡単だった

Web会議は日本国内であれば、問題なく使うことができます。これは日本の通信に統制がかかっていないからです。通信網もしっかり安定しているので、途切れたりすることは少ないです。海外とのWeb会議では、どちらの国も安定した設備があることが条件になります。通信設備などのインフラがしっかりしていれば、途切れないような回線になっているはずです。インターネット回線が電話線経由か専用回線かによっても、安定して通信できるかが違います。中国でのインターネット回線のインフラは都市部と田園部でかなり差があります。都市部では回線がある程度しっかり使えるかもしれませんが、都市部を離れればほとんど使えないでしょう。都市部といってもそれぞれの都市によって、インターネット回線の安定接続については状況が大きく変わります。そのためWeb会議を中国とつなげる場合には、つなげてみないと分からないという状況に陥ることもあるのです。

一般の回線を使うと途切れることも

日本ではインターネット回線は一般の回線を使うことが多いでしょう。専用で回線を引くということはあまりしませんが、十分にインターネットを使うことができます。しかし、中国では一般回線の統制が行われているため、つながりにくいという状況が普通に起こります。一般の人が使う回線にも統制がかかっているのです。日本と同じように通信をしようとしても、出来ないということがあります。特に外国からの通信であれば、目を付けられる可能性があるでしょう。そうなってしまうと、回線が途切れることもあります。そのためWeb会議をそのような状態で使うのは難しいということになります。

専用回線がカギになる

中国とWeb会議をする場合には一般回線であれば、通信に支障があるため難しいです。そこで専用回線を引いてしまうという方法もあるのですが、専用回線を中国で引けるかどうかが重要になります。一から作ろうと思えば、許可や設備を作るまでに時間がかかるでしょう。そこで専用回線を使用できるかがカギになります。専用回線の使用許可が下りれば、Web会議を中国とつなぐことはできるかもしれません。しかし、そのためには煩雑な書類申請などに時間がかかることになるでしょう。中国ではこのような申請が、早く進むということは少ないのです。

Web会議一般カテゴリの最新記事