Web会議をもっとも重要なのは音質!

Web会議をもっとも重要なのは音質!

Web会議と音質

Web会議が導入される前にもテレビ会議というものがありました。しかし、テレビ会議は事前に資料のコピーと配布、そして膨大な費用がかかるなどといった問題があり、次第にWeb会議の重要性が増していきました。Web会議は、普段使っているパソコンやスマートフォン、そしてインターネット回線があれば、すぐに行うことができ、資料の配布も必要なく費用も抑えることができると非常に人気です。しかし、Web会議にも問題点が複数あり、それが安定した音質と画質を維持することが難しいという点です。画質や音質が乱れてしまうと、スムーズな会議を行うことができないうえに、ときに重要なことがしっかりと伝達できないといった問題が生じる可能性もあります。便利なWeb会議をより快適に使用するためには、安定し、良質な画質と音質を整えることは重要な問題です。

Web会議の音質問題

Web会議での音質問題と一口に言っても、さまざまな問題があります。まず、会議の参加者の誰かが発言している途中で途切れてしまうという「音切れ」があげられます。それと同時に、画像と音声があっていない、あるいは音声だけが遅れて聞こえてくるという「遅延」も存在します。さらに、機器がエコーやハウリングを起こしてしまい、話しづらく、かつ聞きにくいという問題も重大です。このほか、聞き取りづらいという問題がありますが、すべての人の声が聞き取りづらいのか、または一定の人の声だけが聞き取りづらいのか、それとも音が響きすぎている・こもっているから聞き取りづらいのかといったことにより問題の質が変わってきます。

音質の問題の原因

音質が悪いという問題には、さまざまな原因が隠れています。まず、Web会議を行うために重要であるWeb環境が悪いという可能性がひとつあげられます。ネットワークの伝達速度が遅いといった場合は、音抜けなどの問題や画像と音声が一致しないといった問題が生じる可能性が高いです。また、パソコンの容量やリソース不足が原因で問題が起こることも多いです。音の揺らぎや音切れが生じてしまい、解決のためにはハードの買い替えやOSの高速化が必要です。

Web会議とは、を中心に高品質なテレビ会議を行うノウハウが満載です。

音質の問題の原因・配置

音質の問題の原因には、音響機器やWeb会議に参加する人々の座る位置や机の位置に問題がある可能性も高いです。音声というものは極力マイクに近い位置で集音する方が、より鮮明に音声を拾うことができます。少人数制のWeb会議ならば各々の近くにマイクを設置することも可能ですが、人数が多い場合はそうというわけにはいきません。テーブルの配置は向い合せに縦長テーブル、コの字型の配置、円形テーブル、スクール形式などになりますが、それぞれに合わせた音響機器の設置が重要です。単純にマイクの音量を上げてしまうと、音声も集音できますが、空調や外環境の音まで拾ってしまうからです。各々がヘッドセットマイクを使用することや良く発言する人の近くにマイクを設置すること、音を発する機械からはマイクを離すことなどの工夫によって、より音質を改善することができます。

音質の問題を音響機器で解決

音質の問題は、そもそもより良い音響機器を設置することで解決を図ることも可能です。Web会議の需要が高まってきていることもあり、専用の音声機器がさまざま開発されています。ノイズキャンセラー付きのマイクを使用すれば、雑音を極力拾わずに会議を進めることができます。また、挙手した人の音声を集中して集めるような機器も存在しています。さらには、接続が単純で会議の始まりをスムーズにすることができるものも発売されています。
これらの工夫をさまざましたとしても、音質が万全にならないこともあります。生まれつき聞き取りづらい話し方の人などは、マイクを意識して発言することが最も有効な解決策です。

Web会議一般カテゴリの最新記事