Web会議で企業経営をサポート

Web会議で企業経営をサポート

労働人口の変革

私たちの国も10年ほど前までは、働く人といえば、サラリーマンか、自営業か、会社経営者にわかれていました。あとは、完全に働かないという選択肢。本当の無職です。

しかしそれでは極端すぎ、低賃金でいいので責任も少なくのんびり生活していきたいと考える人や、家事育児介護および持病で自宅にいるけれども、家でできる仕事があればぜひやってみたいと考える人もいます。

これまでの世の中は、あまりに極端に振れすぎていました。
正社員としてバリバリ長時間働き、転勤も厭わないで働くケースと、働きたくても非正規雇用であまり仕事にコミットできず、おまけに雇用が極めて不安定なケースにわかれていました。
しかし昨今では、人材不足が進み、また労働者側の声を受けて政府も同一労働同一賃金に乗り出したがゆえに、多様は働き方が可能になってきました。
特に顕著なのがリモートワークの推進で、テレワークが進むことで、在宅でまったり働きたいというニーズが満たせるようになってきたのです。

経営革命とも言える時代

これは企業経営にも活かせます。
企業経営は多様な人材を活かしながら、効率よく経営を目指していきます。
人材活用はとくに昨今の経営環境のなかでも欠かせず、上手にハンドリングしていくことは経営者の手腕が問われるシーンでもあります。

しかし、特に人手不足の時代ですので、リモートワークという条件をつけてでも、良質な人材に活躍してほしいと願う経営者は多いことだろうと思います。
まだまだ日本では、家事は女性が担うケースが多くなっていますが、主婦の方であっても、高い学歴を持ち、結婚前にはバリバリキャリアを積んでいた人も多いのです。

そして、家にいるばかりではなく、自分も会社で活躍したいと願っているのです。そうしたニーズを受け、また人手不足も相まって、テレワークで働いてもらうことができます。

ここにテレワークの時流も重なりますので、まさに今はテレワーク・リモートワークの黎明期だといえるでしょう。
そのうちノウハウも出揃ってくるものと思われますが、今の企業経営は多様な人材にしっかり活躍してもらって、会社としての結果を出していくことが重要です。

経営者には、成果主義をしっかり学び、Web会議を信頼してもらって、しっかりと経営陣をハンドリングしていくことが大切ではないでしょうか。

Web会議というツールは、今の時代の企業経営をサポートします。ここで、日本製で代表的なWeb会議システムを紹介しておきます。

経営カテゴリの最新記事