芸術劇場とは人々が文化に触れられる施設

芸術劇場とは人々が文化に触れられる施設

芸術劇場とは

音楽や演劇など文化的な公演を観客に観てもらうための施設です。
基本的に舞台はプロセニアム・シアターやプロセニアム形式と呼ばれる作りになっており、舞台を1つの絵画のように見据える観客席が劇場となる空間を占めています。こうした舞台は額縁舞台と言い、第二次世界大戦後の国内で建設された公立及び私立のホールはプロセニアム形式であるのが現状です。

もっとも現在は演出の多様化のおかげで舞台が収納できる可動式のプロセニアムなホールが増えてきています。そうした試みがされているのは利便性の向上という目的もありますが、施設を利用する演者たちの活動をサポートするためでもあるのです。

そもそも芸術劇場と劇場の違い

違いはたった1つ、多様性か特化性かのどちらかであるかに尽きます。
前者は多様性な目的を果たせる施設で、後者は特化性すなわち音楽や演劇など芸術的な公演のみを図る施設という意味合いがそれぞれ強いです。実際に国内で有名な芸術劇場である東京芸術劇場は複合的な芸術文化施設だと公式サイトで説明しています。人々は文化や芸術はネットやテレビを通して知っているものの、それに触れる機会や感性を深める機会は限られているのが実際のところです。つまり芸術劇場とは身近な人々に少しでも芸術に触れられる機会を提供する発信源というわけです。

芸術・美術カテゴリの最新記事