Web会議は芸術の分野でも使えます

Web会議は芸術の分野でも使えます

Web会議とは、

インターネットに接続が可能な端末を利用して遠隔地との映像や音声、資料などのやり取りをすることです。例えば、会社の本社が東京で支社が大阪といった遠隔地にある場合、その双方の会議室でパソコンとUSBカメラ、マイク、スピーカーそして大きめのモニターなどを用意すれば会議を行うことが出来ます。そのため出張せずに会議が出来るのでそれにかかる時間もコストも削減出来ます。インターネットで繋がっていればどこでも行うことが出来るので、国内だけではなく海外でも大丈夫です。さらに最近は高画質、高音質でWeb会議が出来るものもあります。社内だけでなく他社とのやり取りでも、また在宅社員とのやり取りでも使えます。Web会議は今では様々な分野で活用されており、例えば医療分野や教育分野でも行われています。どこでも繋げられることを考えれば芸術系の分野でも活用が出来ます。

芸術分野でのWeb会議システム利用

例えば、すでに世の中で活躍していて素晴らしい技術を持つ先生の授業はどの生徒でも受けたいと思うでしょう。音楽や美術などの芸術は教科書からは伝わりにくい部分が沢山あります。それを遠隔地にいる生徒へWeb会議のシステムを使ってパフォーマンスなどの映像と解説があればかなり伝わり上達も早いと思われます。1対1で行うことも出来るので個人レッスンにも使えます。

芸術・美術カテゴリの最新記事