美術関連の求人サイト5選

美術関連の求人サイト5選

 

今も昔も、美術や芸術で生きていくのは大変です。
それでも、何か表現したい、アートに関わっていきていきたい、そんなふうに思っている人は少なくないのではないでしょうか。

美術大学には「表現していなければ死んでしまう」というような人がいます。
常識も偏見もかなぐり捨て、自分が生きる道をアートにさだめて、とてつもない情熱でアートの道を進んでいくような、そんな人達がいます。
そういう人こそ、アーティストにふさわしいのでしょう。

いま、アートは自由になりつつあります。
誰でもアーティストを名乗ることができるのです。
インターネット上をみていると、「自称・アーティスト」が山程でてきます。
しかし、そういう自意識をこじらせてしまった人は、どこにでもいるのです。
美大にも大勢います。「アートを変えたい」「既存の価値観を壊したい」という意見は、誰にとっても目新しく感じられるので、ついつい、こうした意見を主張してしまいがちになるのです。
それでも、その内実は非常にありふれたもの、というオチです。

アーティストは、大勢に評価されてはじめて、名乗ることができます。
よって、インターネットで落書きを売って、アーティストを名乗っているような人たちは、アーティスト”ふう”なのかもしれません。
いまは、お金が友人間をゆるく循環する時代です。
投げ銭文化がインターネット上に誕生しつつあり、昔は1円たりとも広告費を落としたくないと維持をはって、クリックをしなかった人たちも、気軽にアフィリエイトリンクをお互いふみあい、そして小さなお金が循環していく時代。

そんななかで、アーティスト作品をフレンドネットワーク上に流通させ、代わりにリターンを受け取る、そんな人も登場しつつあります。
クオリティはさておき、そのバックグラウンドの「ストーリー性」によって、売れているというわけです。フレンドからの投げ銭なので、大金を稼ぐことはできないものの、創作の原動力や資金源程度にはなるのではないでしょうか。
従来型のアーティストとパトロンの形を、素人に寄せた形になります。
こうした新しいタイプのアーティストには、批判も多いことでしょう。
しかし、それらの批判の多くは、昔アーティストになりたくてなれなかったいつかの、昔の若者が批判しているケースも少なくないのです。

こうした生き方を知っておくだけでも、アーティストとして糊口をしのぐ手段にはなります。
もちろん、仲間なんていらない、ひとりでいつか評価される日まで努力しつづける、というのであれば別ですが、なかなかそうした孤独な創作活動が実を結ぶことはありません。よって、死なない程度に仲間からの支援を受けながら、創作を磨いていく。こうした生き方は、次世代のアーティスト育成には欠かせないのではないでしょうか。
そのなかで、ひとりでも次の時代を担うアーティストが誕生すれば、社会的にはプラスになることは間違いありません。

ネットTAMでアートマネジメント

ネットTAMは、アートのマネジメント系の就職に強いサイトです。
トヨタが運営しています。
トヨタは愛知県に本社をおくグローバル企業ですが、アートの支援もしているのです。

CBCNET WORK

CBCNET WORKでは、デザイン関連に特化した求人をチェックすることができます。
デザイン関連は、アーティストを志望し、美的センスを練り上げた人が就職するにあたって、もっともおすすめな選択肢です。

CINRA.NET

アーティストを志し、現在はウェブ関連で働いている人も多いものです。
そんなとき、コンテンツ周りの就職でおすすめなのが、このCINRA.NETです
求人を募集しています

デザインのお仕事

デザイナーで食っていきませんか。デザインのお仕事、なら、デザイナー周りの求人が多数あります。
今は人手不足なので、どこでもひっぱりだこです。
そして、就職して実力を積んだ後は、フリーランスになってもいいですし、デザイン事務所を経営してもいいでしょう。可能性が広がります。

学芸員を募集。インターネットミュージアム

インターネットミュージアムでは、学芸員が募集されています。
常勤の仕事が多いので、安定収入につながりますよ。
日本全国の美術館や博物館で働きましょう!

 

このように、求人サイトはないようにみえて意外とあります。
よって、いろいろチェックしてみると良いでしょう。
まずは仕事を見つけないことには、創作活動もできません。
安定収入を確保した上で、残りの時間と熱量を、アート活動にぶつけましょう。
働きながらアーティスト活動をするのは大変ですが、それでも、表現したいという情熱が勝つのではないでしょうか。
ぜひとも、働きながら、アートへの情熱をぶつけてみてください。

未分類カテゴリの最新記事