国内でも貴重な体験ができる美術館5選

国内でも貴重な体験ができる美術館5選

 

美術館は素晴らしい場所です。
国内外のさまざまな美術が置かれており、美術品との感動的な対面を行うことができます。
中には触れられるような美術館もあり、ますますすごいですね。
平日にいけば、この素晴らしい体験が、ガラッガラで経験できるのです。
今回は、美術館をご紹介したいと思います。

一番おすすめなのが、大塚国際美術館です。
なぜ四国の、徳島県鳴門市という、あまりメジャーではないどころは、非常にへんぴだともいえるようなところにあります。
でも、とてつもなく価値が高いので、一度、ちょっと遠出してでも行ってみるといいのではないかと思います。

その大塚国際美術館には、いったい何があるのか?
それは、世界中の名画の「贋作」があるのです。
予算の関係上、地方の美術館、しかも言ってはなんですが徳島にあるような美術館は、集客するのも難しければ、名画を集めることすらできません。
そこで考えたのが、贋作を集めまくることなんです。
偽物なんて見てもしょうがない!と思うでしょうか。
実はそんなことはないんですね。
まだまだこんな名画があったのかとか、これは本当はどんな名画なのだろうとか、実際に見てみたい名画の予行演習ができるのです。

名画のほとんどは、ご本体はヨーロッパにあります。
ヨーロッパの名作が豊富におかれた美術館。
もちろん、行ってみるのは貴重ですけれど、あまりに日本から遠すぎて、時間もお金も膨大にかかりますよね。
そして、何度も行くわけにもいきません。
世界は旅すべき場所がたくさんありすぎて、名画を集中的に見ることはかなわないのが実際です。
しかし、大塚国際美術館ならどうでしょうか。
大塚国際美術館なら、贋作に触れることで、そもそも世界にはどんな名画があるのか、その空気感や、作風はどうなのか、非常にリアルに作られた贋作なので、自分の感受性との相性を見ることができます。

そして、大塚国際美術館なら、よほど遠隔地に住んでいない限り、いまはLCCがあるので気軽にサクッと通うことができます。
特に西日本地域の方におすすめで、何度も通って、絵画を目に焼き付けることで、より知識が深まりますし、本当の名画に会いに行くときのヒントになります。

そして、この絵が実際に見てみたい!と思えば、それはそれで、実物を見に行けばいいのではないでしょうか。
いつか本物を見に行きたい。それってすごく、活力になりますよね。
海外はお金がかかる?いや「願望はすべての富の源泉である」といいますから、願うことこそがはじまりとなります。

大塚国際美術館は、子供に見せるのも最適です。
子供をつれて、なかなか海外の名画を見に行くことは難しいですよね。
でも、国際大塚美術館なら、瀬戸内海を渡って、気軽に見に行くことができます。
車があったら最高ですけれど、なくても大丈夫なので、ぜひ一度、いってみてください。
繰り返しになりますが、贋作だから質が悪いとか、身構える必要はありません。
世の中にはどれだけの名画があって、どんなパワーを持っているか、どれだけ昔の画家たちが精微な筆致で世界を描いてきたのかがわかります。

贋作と言っても、クオリティが低いものは混じっていませんし、非常に上手な模写なのです。しかも2000作も一気にみられるなんて、素晴らしいのではないでしょうか。

では、楽しい美術館5選をみていきましょう。

大塚国際美術館

今回お話した、原寸大で贋作を展示している美術館です・
徳島県鳴門市にあり、そのマーケティングセンスにも注目が集まっています・

岡田美術館

箱根にできた、素晴らしい新名所です。
セキュリティも一流で、適当なものはおいてありません。
歌麿から、北斎まで展示されています。

彫刻の森美術館

こちらも箱根市にある、野外展示を得意とする美術館です。
自然と調和した展示で、彫刻を体感することができます。

国立新美術館

東京の六本木にありながら、日本最大です。
超有名なゴッホやセザンヌ、三宅一生など、大御所の展示を惜しみなくみせてくれます。

国立西洋美術館

東京の上野にあります。西洋美術を中心として展示しており、なんと世界文化遺産です。豊富なコレクションと、かなり古い歴史のある美術館です。

美術館にいってみよう

面白い、貴重な体験ができる美術館をご紹介しました。
やはり、美術は鑑賞するだけでなく、自分の人生を豊かにしてくれるものとして、感受性のなかに取り込むことでより楽しめます。
背後のストーリーなどもしれますし、学びが多いものです。
ぜひ美術館に足を運びましょう。
こればっかりは、インターネットを見てみてもわからないものです。
実際に空気感に触れ、名画のパワーを吸収し、非日常の世界を満喫してください。

未分類カテゴリの最新記事