展覧会では音声ガイドを活用しよう!ポイントをまとめて紹介

展覧会では音声ガイドを活用しよう!ポイントをまとめて紹介

展覧会では音声ガイドを活用しよう!ポイントをまとめて紹介

今や多くの展覧会で導入されている音声ガイド。
入場した際に利用しようかどうしようか迷うことがありますよね。
実は音声ガイドは活用することがおすすめです。その理由を紐解いてみました。

音声ガイドを利用すると絵画鑑賞がより楽しくなる

音声ガイドの内容は各展覧会によって異なり、通常、入り口で500〜700円程度で貸し出されています。
近年、音声ガイドの普及に伴って趣向を凝らした演出が多く、絵画鑑賞をより楽しめるアイテムとして人気が高いです。

一見しただけではわかりづらい絵画鑑賞のポイントや時代背景、作者に対する補足情報など、展覧会を充分に味わい尽くすための情報がわかりやすく紹介されています。
歴史や秘話の数々は、初心者から上級者まで多くの人を楽しませること請け合いです。

端末も操作しやすいのでお子様からご年配の方まで誰でも簡単に使いこなせます。
もちろん、巻き戻しや早送り機能もあるので、自分の興味に合わせて使用することが可能です。
利用するしないは個人の自由ですが、お値段以上の価値がありますので利用することがおすすめと言えます。

展覧会でしか聞くことができない音源

近年では、音声ガイドに有名な俳優や女優、声優を起用するケースが増えました。
単調な解説ではなく、プロの演技を堪能しながら絵画鑑賞をすることができます。

音声ガイドの音源は基本的に販売されていませんので、現地に赴いた人しかきくことができない限定ボイスです。
絵画だけでなく音声を楽しむために複数回展覧会を訪れる人もいます。
展覧会の情報をチェックする際に、音声ガイドのナレーターを確認するとさらに楽しみが増えますよ。
展覧会のホームページからサンプルボイスがチェックできる場合もあります。

なお、音声ガイドを利用すると、通常よりもゆっくりと鑑賞することになりますが、一般的な展覧会であれば1時間半〜2時間程度ですべて見て回ることが可能です。
音声ガイドは返却前であれば繰り返し視聴できますので、一通り見て回った後に気になる解説をよりじっくり聴く方法もおすすめです。


クイズ形式あり!BGMあり!飽きない工夫が多彩

情報をわかりやすく紹介するだけではなく、より伝わりやすい工夫が盛り込まれていることも音声ガイドの特徴です。
クイズ形式やトーク形式など、質の高いコンテンツが提供されています。

BGMも展覧会に合わせて導入されていますので、見るだけでなく聴く楽しみが加わり満足度の高いです。
時には、主催者や芸術家本人の限定ボイスが収録されていることもあります。

イヤホンを持参すると負担が少ない

便利な音声ガイドですが、中にはイヤホンが耳に合わないという方もいます。
より負担少なく音声ガイドを楽しみたいなら、自分の耳に合ったイヤホンを持参することがおすすめです。

使い方は貸出の際に展覧会のスタッフが解説してくれますので、操作に戸惑う心配はありません。
返却は展覧会の出口に専用の場所が用意されています。イヤホンを持参した場合は、取り忘れがないように注意しましょう。

音声ガイドは1人1台利用しよう

音声ガイドを複数人でシェアすることはできません。
友達や夫婦で訪れた際には、1人1台ずつ借りて個人個人で利用しましょう。
複数人のグループで来館した場合は、全員が借りることがおすすめです。
鑑賞後に感想を伝え合う楽しみが増します。

音声ガイドは基本的に日本語ですが、多言語に対応しているタイプもありますので、日本語以外の音声を聞きたい方は展覧会スタッフに確認してみると良いでしょう。

2020年の東京五輪に向けて、訪日外国人向けに多言語対応をする動きが活発化しており、多言語に対応している音声ガイドは増加傾向にあります。
外国の方でも利用しやすいです。

芸術・美術カテゴリの最新記事