大人も塾に通いたい

大人も塾に通いたい

塾といえば子供が学校の授業の補習や受験のために通うものでした。ところが最近は、大人が子供だったころにもっと勉強しておけばよかったという気持ちを実現するような塾や、もっとスキルアップしてより収入のある仕事をしたい人のための塾、いわゆる大人の塾が広がりをみせています。大人の塾には、ごく一般的な塾という看板を掲げている場所へ通って学ぶタイプのものと、インターネット技術の進歩によりオンラインで学べるタイプのものの2通りがあるようです。

■大人がなぜ塾なのか

小学校、中学校、高校、大学、大学院、どこで学歴を終わらせるかは人によって様々ですが、社会人になると、スキルアップや収入アップ、資格取得などの実務に繋がる勉強とは別に、高校のときには選択しなかったあの学科を勉強しておけばよかったかなとか、大学の時のあの単位、面倒だから取らなかったけどやっておけばよかったなとか、中学校の時、数学をもっとちゃんと勉強しておけばよかったな、とか思うことがあります。

例えば子供が教えてほしいと持ってきた問題に答えられなかったとか、友人や恋人とのちょっとした会話の中でわからなかったがためにバツが悪かったなど、そういう時にスマートに答えが言えなかったことで馬鹿にされているんじゃないか、などと思ってもう一度勉強しようかなとなったりします。

また単純に知識欲が出てきたということもありますよね。普段ちょっとした疑問に思っていることが中学生のときに実は授業でやっていた、なんていうことになると勉強しなおしてみようか、という気になります。

■大人向けの塾はたくさんある

では、あなたなら何を勉強しなおしたいですか。もし学生時代の科目をもう一度勉強するとしたら、何をやりたいでしょうか。歴史ですか?言語ですか?それとも数学とか物理?

最近の大人向けの塾では、近くにちょうど目的にあう塾があるかどうかは別として、一通りの科目がそろっているようです。以外なのは、算数や数学の塾が比較的多いこと。子供の頃苦手で避けていたものの、大人になったら試験もないですし、もう一度勉強してみたいと思うのでしょう。

通い方ですが、実際に通う塾もあれば、スマートフォンで学習できるアプリもあります。対象が大人向けということもあり、集団授業タイプの塾のほか、個別指導の塾やインターネットで受けられる塾もあります。このあたりは子供向けと同じか、それ以上に多様な手段があります。

さらに時間もあって本格的に学びたいときは、実際に大学へ通いなおすことだってできます。社会人向けに開放されている大学の公開講座や市民講座というようなものもあります。お年寄り向けの生涯大学校というようなものも。知識欲を満たしたい時、今は選択肢が多数あるようです。

■スキルアップに使える塾もある

単純な知識欲だけではなくて、どうせ勉強するなら仕事の幅を広げたり収入のアップにつなげたりしたい、と思う人もいます。この場合はよく見かける通信講座や、塾という形で集団授業が開かれていたり、スクーリングとオンライン学習の併用で講座が開かれていたりします。専門学校へ行くという本格的な選択肢もありますね。

特に最近は、働き方改革の名のもとに副業が認められつつありますし、育児や介護で離職することになった人向けに、Webデザインやプログラミングなど、在宅でもできる仕事に結びつくようなコースが提供されています。

面白いところでは、ものづくりをクリエイティブな視点で教える塾や、DIY(Do It Yourself, 素人が工作したり修繕したりすること)の塾、電子工作を教えてくれる塾などもあります。

知識だけではなく、自分で形にできるものを作り上げる楽しさを教えてくれるなんてワクワクしますね。挑戦したいことを教えてくれる塾、探してみませんか。

【参考】
塾のナガシマ
http://www.jyuku-nagashima.jp/otona.html
ダイヤモンドオンライン「「大人の学び直し」で人気の学習アプリと塾はどこがすごいのか」
https://diamond.jp/articles/-/150808

塾・習い事カテゴリの最新記事