塾の送迎、どうしてますか

塾の送迎、どうしてますか

送迎に行ったとしても塾の近所で車を止める場所がない、なんてことも。路上で車がずらっと並んで待つことになり、そうなると塾の近所の人にとっては邪魔だし危ないしうるさいし・・・となってとても迷惑な行為。大きなトラブルになる場合もあります。

フルタイムで仕事をしていると、子供の帰宅時間前に帰れないこともあると思います。いつもは大丈夫なのに、帰宅が遅くなる日に限って誰の家族も帰りが遅く、他に迎えに行ける人がいないというのもよくある話ですね。

そこで、そういう忙しい親の代わりに送迎をしてくれるサービスがあります。地域によってはまだ受けられないサービスがあるかもしれませんが、探してみてはいかがでしょうか。

その1 塾が送迎サービスをやっている

塾が送迎サービスをやってくれているケースがあるようです。埼玉県深谷市の岡島学習塾、茨城県つくば市の竹園進学教室、大阪・奈良の類塾など、塾が送迎バスを用意し、決まったルートで運行しています。すべての塾がインターネットで案内をしているわけではないので、通おうとしている塾に一度確認をしてみるとよいでしょう。

ただし、バスの場合はドアtoドアというわけにはいかないため、自宅の最寄りにバス停があるかどうかはルートを確かめないといけません。インターネットでバス送迎があるかどうかを検索するときは、「塾 バス送迎 地域名」などで調べられます。

その2 送迎タクシーを使う

日本交通のキッズタクシー、kmタクシーのお子さま送迎サポートといったサービスがあります。ドライバーを同じ人にしたり、送り届けたあとに連絡をくれたり、それぞれのタクシー会社によって安心できる仕組みを整えているようです。

タクシー会社は通常でも定期的に指定の場所へ来るような依頼を受けてくれるので、近所のタクシー会社に相談すれば対応してもらえる可能性は高いでしょう。日本交通やkmタクシーの事例は、その通常範囲のサービスに加えて、子供だけを乗せるため、依頼者(親)にも安心してもらえるサービスを追加したものと考えればよいようです。

特にそういったサービスをうたっていないタクシー会社に依頼する場合は、送り届けたあとにドライバーから連絡をくれたり、タクシー会社を通じて確認がとれたりするか、相談してみるとよいですね。

その3 送迎をシッターに頼む

ベビーシッターや育児代行、家事代行サービスをしている会社が、送迎をサービスとして提供しているケースがあります。kidslineやかじまあるといったサイトで探してみましょう。または「シッター 送迎 地域名」などでインターネット検索してみましょう。シッターの車を使った送迎か、公共交通機関を使って一緒に移動してくれるという提供の仕方になるようです。

ただし、あくまでシッターや家事代行の業務の範囲内で提供されるサービスですので、仮にシッターや家事代行の方の車に乗せてもらえるとしても二種免許をもったプロのドライバーが送迎するタクシーとは異なります。それぞれの提供先との契約内容を十分確認し、例えば災害や事故が発生した時にはどういう対応になるのか、明確にして利用することをお勧めします。

塾の送迎をお願いできるサービスを見てきました。地域によっては提供先がない場合もあるかもしれませんので、調べてみる必要があります。車での送迎は近所とはいえ、事故の危険性もあります。送迎サービスを利用する場合は、緊急時に連絡先が取れること、何かあったら事実をすぐに伝えてもらえること、を十分確認して利用先を決めましょう。

【参考】
岡島学習塾
http://okajimajuku.com/sougei.html
竹園進学教室
https://www.take-sin.co.jp/bus/
類塾
https://juku.rui.ne.jp/price/safety
日本交通
https://www.nikkotaxi.jp/kids/about.aspx
kmタクシー
https://www.km-taxi.tokyo/service/kids.php
kidsline
https://kidsline.me/curations/pick_up_sitter
かじまある
https://echoice.to/baby_kids/plan01.html

塾・習い事カテゴリの最新記事