遠隔会議のメリットは何と言っても生産性向上

遠隔会議のメリットは何と言っても生産性向上

遠隔会議のメリットは何と言っても生産性向上

「遠隔会議、導入することでどんなメリットがあるのだろう?」
そんな風に思っていませんか。
ぱっと思いつくのは、交通費の節約ですよね。コストカットにつながるのです。
しかし結果として、生産性が大幅に向上するというメリットがあります。

コストカットの効果は絶大

交通費は間違いなく節約できます。
今までは、会議ということで何人ものスタッフで出かけていませんでしたか?
その交通費が完全にゼロになるのです。
必要なのは通信費だけですが、通信費は会社のインターネット回線を使うので、特に問題ありません。よって、交通費はゼロになります。

また、自社で出張者を迎えて会議するときに発生していた、資料のコピーやお茶出しといった雑務も発生しなくなります。
以前は新入社員や派遣社員が行っていたのではないでしょうか。
そうした雑務の人件費もゼロ円になります。
資料はメールやクラウドでシェアして、その場でタブレットやノートパソコンなどで見ることができます。
紙ベースでやっていたころよりもはるかに無駄な動きがなくなります。
それは企業にとって小回りが良くなるということでもあり、メリットなのです。

なにより生産性が高まる

そして何より、生産性が高まるのです。
生産性が高まるというのは、売上あたりの時間が最短になること、または、かかった時間あたりの売上が最大になることをいいます。
これが低いので、日本は経済成長がなく、苦しんでいるのではないでしょうか。
そこに遠隔会議があれば、メリットとして最大のものは生産性の向上が挙げられます。
インプットあたりのアウトプットが最大になるには、遠隔会議が欠かせません。
遠隔地の事務所でも、在宅の社員でも、本社の社員でも、みなが遠隔会議でつながり、より質の高いアウトプットが実現可能になるのです。
生産性の向上は日本全体の課題です。
遠隔会議なら、人口減少、労働力不足の中であったとしても生産性を高めることができます。

Web会議一般カテゴリの最新記事