働き方改革にテレワークは欠かせない!Web会議でテレワーク

働き方改革にテレワークは欠かせない!Web会議でテレワーク

働き方改革にテレワークは欠かせない!Web会議でテレワーク

「働き方改革」という言葉が登場し、数ヶ月が経とうとしています。
日本人と仕事は切っても切れない関係のため、長時間労働に多くの人が悩まされている昨今、大きな注目を集めています。

働き方改革の中心は、雇用の流動化

働き方改革の中心となる本丸は、雇用の流動化だと言われます。
いまは正社員が仕事の中心となり、派遣社員やアルバイトなどの非正規雇用は補助的な役割を果たすことが多くなっています。
しかしこれは、派遣社員を5年雇うと無期転換しなくてはらないという4年ほど前に作られた改正派遣法が関係しています。

無期転換するぐらいなら、正社員には重要な仕事を任せ、派遣社員にはそうでない仕事を与えることで、「代替の利く仕事だから」という理由が成立してしまい、契約解除になりやすくなるのです。
これは民主党政権時代に成立した改正派遣法の大きな欠点で、2018年がその5年めとなり多くの失業者が出るものと考えられています。

こうした悲劇を防ぐため、雇用を流動化し、働きたい人はほぼ全員が、有期雇用(無期雇用でなく)で採用されるのが望ましい姿ではないでしょうか。

そこまでいかなくとも、いま正規雇用と非正規雇用の人が、対等に能力で判断されることはとても大切なことです。
今の派遣法ままでは、スキルの不要な仕事を与えられ、年を取った上にノースキルで非正規雇用を何年も続けて評価されない、と言う人が大量に発生し、社会問題になります。

テレワークで働き方改革!

働き方改革の本丸についてみましたが、テレワークも需要な施策です。
多くの企業が、ITやベンチャーを中心としてテレワークを導入しており、自宅でも緊張感を持って働けるようさまざまな工夫が凝らされています。
パナソニックはカメラで社員のストレス度を判定したり、資生堂がメイクアップを自動で施してくれるアプリを開発したりと、周辺も盛り上がっています。助成金を利用したテレワーク導入支援パックをご検討の方はこちら、テレワークに関する情報サイトはこちらを参考にされると便利です。

テレワークカテゴリの最新記事