ウェブミーティングを開始しよう!導入の効果は?

ウェブミーティングを開始しよう!導入の効果は?

ウェブミーティングを検討していますか?
ウェブミーティングは、どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。
フリーランスが仕事を受発注するときの効果でみていきましょう。

受注側はウェブミーティングで東京価格にて受注できる

ウェブミーティングを使えば、東京価格で仕事を受注できます。
たとえばインターネットが発達する前は、地方在住のフリーランスといえば、地方価格で仕事を受けるのが当たり前でした。
地方は当然ながら相場が安く、人件費も低いため、市場価格があまり高くならないのです。

テレワーク導入支援は、こちら

しかし、ウェブミーティングができるとどうでしょうか。
東京には仕事が山のようにあります。
とくに人手不足の昨今ですから、東京といっても人材が足りていないのです。
そこで、東京の会社は東京のフリーランスだけでなく、地方在住のフリーランスにも発注を行います。
ウェブミーティングがあれば、受注者であるフリーランスは、東京価格で受注することができるのです。これは画期的なことです。

発注側は人手不足に対応できる

そして発注側はウェブミーティングでどのようなメリットがあるのでしょう。
まず、人材不足に対応できるようになります。
今や「人手不足倒産」が起こる時代です。
しかし、正社員を抱えるのはリスクがあると思います。
そんなとき、ウェブミーティングを使って東京都内のフリーランスに発注したり、地方在住のフリーランスに業務委託をしたりすれば、都合のいいときだけ労働力を調達することができます。

もちろん、会社で派遣社員を雇うのと、業務委託を結ぶのは、指示を出してよいか、などの労働法や下請法上の問題があります。
しかしそれを乗り越えてでも、受発注がスムーズに迅速かつフレキシブルに導入できるということは、企業にも、また働き方を考える労働者の側にとっても、欠かせないことなのではないでしょうか。ウェブミーティングは労働市場の整備をサポートします。

Web会議一般カテゴリの最新記事